農民カフェ/北海道店
農民カフェ/北海道店

press to zoom
農民カフェ/下北沢店
農民カフェ/下北沢店

下北沢のど真ん中で田舎へ帰ろう。

press to zoom
農民カフェ/臼杵店
農民カフェ/臼杵店

農民カフェ/臼杵店 食べて泊まれる!

press to zoom
1/8

農民

カフェ

プロジェクト

農民カフェ/下北沢店火災
3月1日、農民カフェ/下北沢店火災において近隣・関係者に多大な迷惑と心配をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

農民カフェ公式LINE
農民カフェ下北沢店再建へ向けての情報など
​お知らせします。
QRコードから登録お願いします!

D30FDBF1-0173-44DB-A319-A2E17F6A53DE_4_5005_c.jpeg
LINEマーク.png
デッキ席.jpg

下北沢の一軒家をリノベーションした庭のある農民カフェ1号店。

​庭席が人気です。

23708E7F-D8FE-43D7-8E1F-322C6BC6E553.jpeg

自家栽培の野菜や仲間たちの有機/自然農の素材を駆使したマクロビ農民カフェ/新潟店。

IMG_4557.JPG

大分県臼杵市の城下にある古民家カフェ。ゲストハウスとしてして泊まることもできる宿カフェです。

IMG_3664.JPG

大分県臼杵にある古民家宿。1人から貸切プラン始めました。
​最大20名まで泊れます。

14324638_691487764333284_779644950991582

目の前に田んぼと畑。農体験の出来る農民カフェ。

パラソル.jpg

農民カフェ誕生

農民カフェは2009年7月に下北沢で生まれました。

​古い一軒家をリノベーションした庭のある二階建てのカフェです。農と食を前面に打ち出したコンセプトは当時、かなり話題になりました。当初より、泊まる、食べる、呑む、体験する、をいち早く盛り込み、アクティブな活動を行なっていました。 

写真-342.JPG

農から生まれる

15年前から、千葉県流山で米作りを始め、自ら素材を育てメニュー化する取り組みを開始。現在は千葉県富津と大分県臼杵市に体験型農民カフェとして、宿泊も可能なファームが機能しています。 

IMG_3651.JPG

旅とカフェ

2016年、農民カフェ/臼杵店が旅館業を取得。ゲストハウス機能を持ったカフェとして生まれ、2018年には大分県臼杵市で初めての民泊許可を得て、ゲストハウス臼杵家が誕生しました。カフェは旅の入り口です。

繋がり、旅して、感じる。

​インドアでは収まらないアクティビティの動線なのです。


 

スライド06.jpg

農民カフェ構成図

農民カフェは左図のような多機能構成となっております。

​カフェとして飲食を楽しむだけではなく、そのメニューの素材ひとつひとつに見えない線が繋がっていて、生産者との交流や体験、また一軒のカフェから生まれる無限の可能性を大事にしていきたいと考えます。進化し続けるカフェなのです。
​カフェは食べるから始まる、壮大な旅の始まりなのです。